万寿実家具ブログ

意思のあるじゅうたん

次世代へ伝える希望の記念樹

「希望」という花言葉、

青年とお姫様の叶わなかった恋の伝説。

モロッコの薄ピンク色の花が満開に咲いたアーモンドの木から

「意思のあるじゅうたん」は誕生しました。

日々の生活と共に人生の指針となるものであって欲しい。

そんな思いが込められたこの絨毯は、

お客様それぞれの“意思”を込めて作る絨毯です。

 

何を願っていたんだろう?

どんな暮らし方がしたいんだろう?

次の世代にどんなことを残したいんだろう?

アーモンドの木のじゅうたんと向き合った時、

初めて見えてくる自分や家族の姿があるのです。

 

とあるご家族の物語をご紹介しましょう。

ご夫婦と二人のお子様の4人ご家族のお話です。

家族がいつも集まる場所だから、ずっと敷けるものを選びたい。

そして家族みんなで決めたのが希望を意味するアーモンドの木の絨毯。

4人家族だから、家族の希望を運ぶ鳥は4羽に。

それぞれの願い事が叶うようにと、花びらを4枚赤色に。

この日はご家族の特別な記念日となりました。

 

半年を経てモロッコで織り上げられた絨毯はようやくご家族の元へ。

これから始まる暮らしの中で

アーモンドの木はそれぞれの希望と共に育ってゆくのです。

 

素敵なお話をもう一つ。

おまじないの意味を込めて花びらを一つだけオレンジにされたこちらのお客様。

何か会社で大きな仕事がある日は必ずこのオレンジ色の花びらに手を当てて、

心を整理してお仕事に行かれるのだそうです。

アーモンドの木が力をくれるというよりも、

大事な時だからこそ、ご自身と向き合う。

そんな時間を与えてくれているのかもしれません。

 

 

 

叶わないことも、叶うことも、嬉しいことも、悲しいことも、

全てはアーモンドの木が寄り添ってくれる。

暮らしの中に自らの意思で植えた記念樹は、

必ず人生の指針となってくれるはずです。

モロッコの薄ピンク色の花が満開に咲いた

アーモンドの木から生まれた絨毯はそんな優しい絨毯です。

家族の希望をアーモンドの木のじゅうたんに載せて

暮らしの記念樹、植えてみませんか?

  • 万寿実(ますみ)家具オリジナルセレクト
  • 家具工房 ニングル SHUZO YOSHIDA
  • デンマーク家具
  • シエスタ
  • アートギャッベ
  • キリム
  • 月歩
  • 小物
  • キッズチェア
  • 植樹活動について
  • スマイル・ストーリー
  • 過去のイベント内容

アーカイブ