万寿実家具ブログ

デンマーク家具を巡る旅6

PP Mobler 名作を今も作り続けるクラフトマン集団を訪ねて④
PP701チェア、ウェグナーが愛した椅子の話

こちらのこの椅子、線が細くとてもシンプルですが実はとっても手の込んだすごく丈夫な椅子なんです。
今日はそんなPP701のお話。
ウェグナーがデザインしたアッシュ材のPP701チェア

PP701チェアは1965年にデザインされた。
当時のウェグナーの作品としては珍しいスチールフレームを使い、座面のレザーと木を組み合わせた椅子だ。

ブラックウォルナット材のPP701チェアとマホガニー材のPP701チェア
現在万寿実で展示中のPP701チェア
インテリアに並べてもよしなチェア

701チェアの最大の特徴背中の木部の話

PP701の背中部分

この繊細で美しい背中の木部は6個のパーツから成り立っている。

4つの無垢材を2枚のとても薄い木材で寄木にし、さらに十字の「契」で結んだものを熟練の職人によって削りだされたものだ。

上下左右対称となっており、本来左右の部材を繋ぐ際に強度を高める役割の「契」を

あえてデザインとするあたりはさすがウェグナーというところだ。

pp701_work_300dpi圧縮.jpg
それぞれのパーツを組み合わせて一体化する

IMG_5576.jpg

IMG_5578.jpg

組み合わせた後、初めは荒削りとして機械で削られるが、

最後の仕上げは熟練の職人によって手作業で仕上げられる。

塗装をする前の職人によって仕上げられたものを触らしてもらったが、木とは思えないほど緻密で滑らかな肌触りだった。

IMG_5604.jpg

木部から座面、脚部の線はステンレススチールを使用している。

とても細いが傷がつきにくく、とても強度のあるものだ。

IMG_5582.jpg

脚と木部の接続部は熟練の職人によって加工され、ピタリと収まる。

IMG_5572.jpg

接続部も使っている間に外れたりすることは一切なく、とても頑丈だ。

IMG_5574.jpg

ウェグナーが実際に使用していたPP701チェア
ウェグナー自邸のダイニング

このPP701チェアはウェグナーの自邸のダイニングでも使用されており、ウェグナーの奥様のためにデザインしたと言われる。

ウェグナーが自分がデザインした中でどの椅子が一番好きかと奥様に訪ねた。

奥様が答えたのは「PP701チェア」だった。

「私のためにデザインしてくれたから」と。

それを聞いたウェグナーはこう答えた。

「私もこのPP701が」一番好きである。なぜなら君(妻)が好きな椅子だから」と。

実はこんな深い夫婦の愛の詰まった物語があるこのPP701チェア。

ウェグナーのチェアの中でもとても小ぶりで非常に軽い!!

ウェグナーが奥様のためにデザインしたというのが、こういうことからもわかります。

なので特に日本人の女性にはとても喜んで頂けるチェアです。

深く腰を掛けて頂くと、自然に背筋がカーブしているのが分かります。

特に腰が痛くどんな椅子に掛けても体に合わない、なんて方には

長時間座っていても「疲れない、腰が痛くならない」を実感して頂けるはずです。

そして背中のカーブが横を向いても体を受け止めてくれる、そんなチェアです。

本来ならPP701チェアはレザー張り。
万寿実ショールームには、デンマークで最後のテキスタイルデザイナー、ハナ・ヴェーデルさんとPPモブラーのコラボで誕生したPP701チェアを展示中。
ハナさんの工房へは今回のデンマークでお邪魔させて頂いたので、またご紹介しますが、とても美しいテキスタイルです。
信じられないほど丈夫だともおっしゃっていました。
そんな701チェアの限定品もございます。

掛け心地と合わせてハナさんのテキスタイルもご覧いただければ幸いです。
ハンネ・ヴェデル氏とコラボしたアッシュ材のPP701チェア

  • 万寿実(ますみ)家具オリジナルセレクト
  • 家具工房 ニングル SHUZO YOSHIDA
  • デンマーク家具
  • シエスタ
  • アートギャッベ
  • キリム
  • 月歩
  • 小物
  • キッズチェア
  • 植樹活動について
  • スマイル・ストーリー
  • 過去のイベント内容

アーカイブ