万寿実家具ブログ

珍しいモルドバキリム

今回のキリム展で珍しいモルドバのローズキリムと呼ばれるキリムが
入ってきていますのでご紹介。
 
 IMG_9050 のコピー.jpg
モルドバ(モルドヴァ)は東ヨーロッパに位置する内陸国であり、ルーマニアやウクライナと国境を接します。
現在は独立国家ですが、古代よりさまざまな国家による支配を受け、領土の占領・併合が繰り返された地域で、16世紀にはオスマン帝国の支配下にありました。
このようなモルドヴァ地方でもキリム織りの伝統が存在しており、このような独自性の強いキリムが織られています。
world_ga_worldmap_5_253 のコピー.jpg

デザインが一気に具象化して、図案もヨーロッパの雰囲気が漂っています。
近代ではモルドヴァとルーマニアで主に壁用タペストリーとして使われてきたそうです。

色は重厚な黒などをベースにした深めの色にコントラストをなす鮮やかなブーケのような
花のデザインがざまざまにアレンジされて織り込まれて、
色使いや図案が、ヨーロッパで調の刺繍にみられるデザインに似ています。

まるで絨毯のようなデザインですが、キリムの織りなので用途も広く、お使いいただきやすいのも特徴です。
重厚感があり、洋間の応接室やダイニングなどにおすすめです。
 
 
 
 
 
 

  • 万寿実(ますみ)家具オリジナルセレクト
  • 家具工房 ニングル SHUZO YOSHIDA
  • デンマーク家具
  • シエスタ
  • アートギャッベ
  • キリム
  • 月歩
  • 小物
  • キッズチェア
  • 植樹活動について
  • スマイル・ストーリー
  • 過去のイベント内容

アーカイブ